はるいも日記

ゲームのこととか

金色のコルダ4初めました。

今更感あるけど、コルダ4を購入しました。もう発売されてだいぶ年月が経っているんですが…。毎度毎度一番高いBOXを購入し(ドラマCDとか冊子とかがついたトレジャーBOXというものがある)、発売日を今か今かと待ちわびていた私だったんですが、今回はこんなに遅くなってしまいました。

以下、ストーリーのネタバレはないがシステム面については話している感想。スクショなど一切ないので文字のみです。

購入をためらっていた理由

  • 難しいと聞いていたため
    無印コルダはプレイしたことないですが、それと同じかそれ以上に難しいという感想を耳にして躊躇っていました。

  • 単純に時間があんまりとれない
    他に積んでいるゲームもたくさんあるし、やりたいゲームが数多くあるので新たにゲームソフトを買う気にならなかった。これはコルダに限ったことではない。
    そして、個人的にはコルダは一気にプレイしないと「このアンサンブルがー」「何日までにこれやらなきゃー」ってことが多すぎるので中断するとあんまりうまくいかないので 連続した時間が欲しかった。

結局購入に踏み切ったのは単純に、やりたかったから。好きなシリーズだし。「金色のコルダ3 AnotherSky」がVitaで出るって聞いて気持ちが荒ぶったのもあるかもしれない。

ざざざっと感想

金色のコルダプレイ歴

同じゲームをPS2でやったり、PSPでやったり、フルボイス版を買ったりで混乱してますが、多分これで合っているはず…。

2fとか書いてあるのはPS2PSPの移植版の意味です。概ね同じストーリーだけど、追加要素があったり、キャラクターが増えていたりするので全く同じものというわけではない。そして乙女ゲームでは移植版に追加要素を加えて売るというのはよくあるように感じる。

コルダ3に至っては間違えてPS2版を購入してしまい落ち込みつつもしっかりプレイ、1年後くらいにPSP版を買って、その後フルボイス版を購入してるので3回くらいやってます。狂気の沙汰。なのにぶっちゃけVita版ほしい…。

前置きが長くなった。

率直にいうと、確かに今回は難しいなと感じた。 1. コンサートの開催時期を自分で決められる。(決めなくてはいけない)

  1. 想い、想われのパラメータがある

  2. 慰めEDを見るためには告白する相手と慰めに来てほしい相手の2人の恋愛段階を4にしなければいけない。

  3. コンサートの条件(場所とか、曲数とか)がイベント発生条件に絡んでくる

この辺が大変でした。 今まではストーリーで大会の日程とかが全て決められていたので、今回はこの曲を演奏できるように技術レベルを…とか考えてたけど、キャパ・場所・曲数も自分で決めなくてはいけない。キャラクターに相談するととんでもないことになる。(でかい箱・多い曲数・足りない土日)

コンサート日程などを自分で決められる利点は、ある程度手を抜けるところ。文化祭だからって、クリスマスだからって、大きなホールでコンサートを必ずやらなければいけないわけではない…って後で理解した。教会のキャパ80人1曲を活用して条件が厳しくないイベントを消化するのが大事。

大変なところは開催条件がきついキャラを同時攻略が非常に面倒な点。3のときみたいに12人同時攻略EDとかがあるわけではないので、そこら辺はやりこみ要素みたいなものだと思う。実際に全員同時攻略を成し遂げているすごい方がいらっしゃるので無理ではないみたいだけど、2人ですら大変なので私にはできなさそう。

今作は①相手からの告白②主人公からの告白③(振られた主人公を)慰めるEDの3種類があり、それぞれ想いと想われのパラメータでイベントが発生したりしなかったりします。単純に誰か一人に狙いを定めて、①や②を目指す分には特に大変ではないと思う。システムに慣れていないうちはそのほうが良さそうだなと思った。

個人的に今回の慰めEDみたいなのはめちゃくちゃ好きなので、面倒ながらも2名を頑張って攻略するんですが、これが本当に大変…。大まかなスケジュール感覚(このキャラはこういう条件のコンサート開けって言われるな)があると楽かもしれない。東金が大変すぎて憎たらしくなった。

そもそも乙女ゲームで振られるってことが新鮮すぎてそこがまず面白かった。振られなきゃ慰めてもらえないので、ギリギリ告白しても受け入れられないあたりで想い想われのパラメータを調整するのだけど…。振られるとはいえ、恋愛段階は最後までいっているわけで、もう甘酸っぱいイベントとか発生しているし、告白する直前も「やっぱお前ってすごいよな…」みたいなモノローグ流れたりするのに、いざ告白したら振られるのである。なんだこれ。

でも今までこちらが複数人同時攻略してたとき「お前俺といい感じだったのにあいつと付き合うのかよ」ってキャラクターは思っていたのかもなって思ってしまったりして、なんだか胸が痛くなった。ごめん…。

振られ方はやんわりお断りされたり、お前そりゃねーよ…って思うような流れになったり様々である。んで、とっておいた慰め要員に慰められて、ハッピーエンド。冥加さんの慰めEDは最高でした。細かいことは言いませんが、最高でした。

まだフルコンプまで程遠いし、ED迎えてないキャラも色々いるんですが総括。

  • 確かに難しい
  • 慰めEDは最高
  • 教会に感謝
  • ニアにも感謝